これからの不倫の話をしよう

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が見つかったならば、離婚するか気づかないままにするのか選択に困りますよね。ひとまず冷静になって、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。

実際、もう離婚になってもいい、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。しかし、単独で行くのは、さらに揉める可能性が高いので、できるだけ避けましょう。信頼する人に付いて行ってもらえば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。あなたが信頼できる方がいない場合、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。

浮気調査の依頼をするときには、調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、多くの場合、2人程度で調査しています。ただ、浮気がまだ推測の段階であるケースでは、まず調査員が1人で浮気であるかどうかを行う場合が多いです。浮気が明るみに出てきたのなら、もう一度計画を練り直して浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。

探偵が何もミスをしなくても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい、パートナーが何か変だなと勘付いてしまって浮気調査が難しくなり、失敗に終わる場合もあります。探偵に依頼したからといって、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。うまく行かなかったときの報酬についても、契約書を作る際に決めておくことが大事だと言えます。
出会い系

だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、普通は3~4日が目安です。しかしこれはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、3~4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあります。一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が調査員に伝えられていた場合は、調査期間は1日で済むこともあります。

浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。それは、不倫相手の存在を明らかにする事です。不倫行為が確実ではない場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次は不倫相手を調査となります。お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、あるいは張り込んだり等、パートナーと不実を働いている相手を確かめるのです。