Daily Archives

One Article

誰が殺した不倫

Posted by admin on

あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、何人の調査員が必要なのかというと、調査によって一定とは限りませんが、調査は大体2人程度で行っているようです。しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、まず調査員が1人で浮気であるかどうかを大体の場合は行います。浮気をしていることがはっきりとしたら、再度考えて調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。

探偵をバイトでしている人のいる例があってしまうのです。探偵のアルバイト情報を調べれば、募集がかかっていることを知るでしょう。ということは、バイトを使っている探偵事務所も多くの例があるということです。浮気調査を頼むときには、個人情報がないと調査のしようがないですよね。バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、知った情報を誰かに話してしまうこともありえますよね。

飲食店を利用した際の領収証にはお通しの注文数から同席していた人の数が書いてある事があるので、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。加えて、支払いをクレジットカードでした時はしっかり月ごとに見るようにします。仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、一人ではなく誰かといた想像されてしまう事があります。

探偵の尾行代がいくら位かと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。
ハッピーメール
当然のことですが、調査員が1人であれば安く、多いほど高くなります。また、尾行のために車とかバイクで行う場合、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認が大切です。

まず探偵について見てみるならば、怪しいと思われることを避けるためにきめ細かく配慮しながら目立たないように調査を進めるのに対して、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、自分の目的を話して正面からの調査を行う傾向にあります。そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると言っていいでしょう。

離婚ということになってもかまわない、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。その場合でも、自分だけで乗り込むというのは大きい揉め事の原因になりうるので、止めておきましょう。あなたが信じて頼れる人と行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。あなたが信頼できる方がいない場合、探偵に依頼するという方法があります。